びわなどを酒浸りにする

2009.06.30

実家で採れたびわが届いた。
大量に届いても食いきれんので送らなくてもいいよ、と言おうかと思いきや
あー酒にしてしまおう!と。
基本的に果物は何でも果実酒となり得るので、
大量に手に入った時はとりあえず漬けとく。
びわと言えば、スーパーや八百屋の店頭で割と高値で売られてるのか
びわ酒について書いてあるサイトを見ても
「びわは高級品だけあって、びわ酒も美味しい」・・・みたいは記述があった。
・・・ってびわを買う、という感覚がどーもカルチャーショックというか。
そこら辺にいっぱいなってるもんじゃないのか、びわって。
で、びわ酒を作る為にびわを剥くのに約1時間。
更に種を取り出すのに約1時間。
・・・てか実家から送られてきた量が思いのほか多く、
手あれに染み入るびわの汁・・・・
・・・って夜な夜ななにやってるんだ・・・ どこの女工だ・・・ という気分に。

びわ
水っぽく見えないが、凄く水っぽい
びわ
食べても美味いよ!



・・・全部終わって、びわ酒関連のサイトを見てみると
どこのサイトでも
『よ く 洗 っ て 皮 を 剥かず
丸   ご  と    ビンに入れます』

ってええぇぇぇええっっtぅt!!!?丸ごと!!!??
ふっざけんな!!!それを早く言えそれを!!!

無駄無駄無駄
とか言っても仕方ないので
無駄無駄無駄
とりあえず必要な物を詰め込む。


ハイハイ、ホワイトリカーですよ
びわはこれで酒浸りにされる

無駄な労力に脱力しつつ、まぁもうどーでもいいや。
とりあえず、酒浸りにしてしまえ。
ハイハイ、ホワイトリカーですよ。
ハイハイ、ホワイトリカーホワイトリカー。
ブランデーが美味しいですよ、とどっかのサイトで見たが
おまえみたいな奴っっ 安い酒で充分だぁぁあぁぁあぁぁぁあ!!!
という訳でこれに漬ける。さあ漬かれ。

酒浸り
1日目。
酒浸り
6日目。



という感じに着々と浸かり中。
あーたのしみだ!
そして、酒と言えば、酒繋がりでひとつ。
昨年末に、なんか『日本酒が好きで焼酎が苦手だけど、焼酎の方が翌日残らなくて良いから今後は焼酎党になりたい。練習しよう。』というような旨の文をここに書いたところ、一通のメールを貰った。

———
自分も日本酒好きで焼酎苦手だったのですが、慣れで克服しました。
おすすめなのは「前わり焼酎」。
焼酎と水を1:1で割って一週間くらい冷蔵庫で寝かしたものを燗にして飲みます。
九州の方の飲み方のようです。
個人的には日本酒に近い感覚で飲めるような気がしているので、日本酒からの移行には最適と思います。
———

・・・との事。いつかやろうやろうと思いつつ、いつの間にか半年が経過。
このメールを貰った後、正月に行く先々(親戚宅とか)で酒を薦められた際に、
とにかく「日本酒より焼酎で」と言うように努めてたら、いつの間にか結構呑んでて、
あら?意外にいけるようになった・・・??と思ってたんだけど、
けどやっぱあの匂いはどちらかと言うと苦手だったり。
そこで!!やってみる事にした。『前わり焼酎』
焼酎の銘柄とか分からんのでスーパーで安かったやつ。
ていうか「麦と芋ってどっちが呑み易いんだっけ・・・」という基礎知識すらない。。

下町のナポレオン
下町のナポレオン。
下町のナポレオン
ドボドボドボドボ・・・

 

下町のナポレオン
ミネラルを注入!
下町のナポレオン
おお・・・透明・・・・



ミネラル水入れ過ぎたかも。まぁいいか。
1週間後が楽しみだ!
呑みたい人居たら遊びに来ればいいと思う。(※友人限定)