島根横断旅のはなし

2011.06.13

今更すぎるがゴールデンウィークの話。
連休は帰省をして、車で島根を横断一人旅をした。
県内横断旅行・・・・とは言え、まともに走って片道5時間近くはかかる。(慣れてる人はもっと短縮できるのかも)
そもそも島根と鳥取って人口が計130万人ぐらいなのに横断すると東京⇔名古屋間ぐらいの距離で、その間を新幹線も通ってなくて高速道路も途切れ途切れ。
言うまでもなく移動が不便だが、まあ人が居ないのでそんなもんか・・・。この先も新幹線とか走ることはまずないと思う。島根は東京都練馬区とほぼ同じ人口なのに広さは練馬の140倍らしい。・・・とは言え特に増えなくてもいいと思うけど。
・・・って話はそれたが、これがその時に取材した記事だ。『ミステリーハウスと巨大迷路を訪ねる』
匹見には前日入りしたが、明るいうちに着こうと思いつつもあちこち写真を撮りつつフラフラしてたらいつの間にか夜になってた・・・。
匹見までの道のりは、どんどん山奥へ入っていく中
街頭もなく道路も一車線しかなく横は谷。
何も見えない真っ暗闇で「車とすれ違う時どうしよう!!!」とビリンビリンと身体を硬直させつつ運転してたが、20分以上まったく誰とも遭遇せず無事乗り切る・・・・。
車線がふたつに増えてガードレールが出現したときの安心感ったらもう・・・・
そんな死のドライブを経てクタクタで到着した。
(帰り明るい時に通過したらそんなに危険な道でもなかった。危険なとこじゃないですよ匹見。「真っ暗すぎる全く知らない道」って意味で危険すぎただけで。)
で、以下「慣れなさ過ぎる山道での死のドライブが待ち受けてるとも知らずにのほほんとしてた頃に撮ってた写真」。

出雲辺り
出雲辺りで見かけた倉庫。のほほんとしてる自分の心情を現してるかのようにのほほんとした絵柄。


大田辺り
大田市辺りのガソリンスタンドで気になったのが


大田辺り
洗車・予約したら激安ってなんだ。予約しなかったらどうなんだ。ついでに「ねぎ石油」って何。店名??


ここですここです
「ここです、ここです」って言われた。わかった、わかった。


あの砂時計の
仁摩サンドミュージアム。1年砂時計があるとこ。20年前に行った事ある。当時出来たてで賑わってた記憶が。


ラーメン
食べ物に「砂」の文字を入れて売り出すって勇気あるなーと思う。



途中で最も寄りたかったのが『温泉津温泉』だ。
数年前に一度だけ行った事があって、町並みがレトロな感じで
もう一度行きたい行きたい!!今回も丁度中間地点の温泉津を宿にしようかなーと思ってたが、時間の都合で断念。
泊まりは出来なかったが、ちょっとウロウロしてきたのでその時の写真を載せてみる。

温泉津温泉
温泉津温泉。読みは「ゆのつおんせん」。島根の真ん中辺り。銀山の近く。


温泉津温泉
温泉街。


温泉津温泉
レトロ!もっとウロウロしたかった。


温泉津温泉
右の建物は一体なんなのか気になる。


温泉津温泉
なまこ壁と細道。


温泉津温泉
1番気になった店。スナック『檸檬樹』


温泉津温泉
絶対いつか行く。内装が気になる。


温泉津温泉
宿泊体験施設
温泉津温泉
こういう所って何を体験できるんだろう


温泉津温泉
花壇の横に
温泉津温泉
ドラえもんがあぐらを・・・


温泉津温泉
提灯も気になるけどヘアーサロンのフォントが好きだ


温泉津温泉
『丹頂』ってもしかしてコレのことか


温泉津温泉
「チョンマゲからナウな髪型まで」


温泉津温泉
温泉街の入口付近の海沿いの風景はこんな感じ


温泉津温泉
海だーーー海だーーー



・・・とかやってたせいで予定が大幅に遅れて、あとはさっきも書いた通り。
そしてその後、一人旅なのに「御一行様」って書かれて宿に迎え入れられたんだった・・・。(ほんとは難しい方の字・・・)

匹見峡温泉
一人なのに御一行